横手かまくら祭り

2021/02/14

横手かまくら祭り

毎年、2月15日、16日に行われている小正月行事。横手かまくら。
1954年昭和29年から横手の雪まつりとして広められてきた。

秋田や新潟では、この時期、
雪で作った雪洞のかまくらの中に水神様・鎌倉大明神を祀り祭壇し、
家内安全・商売繫盛・五穀豊穣などを祈願する行事。

子どもたちが、
はいってたんせ(かまくらに入ってください)
おがんでたんせ(水神様をおがんでください)といいながら、
おもちや甘酒(あまえこ)を振る舞っていく。

かまくらの中では、4~5人ほど入ることができて、
かまくらの中でも暖かいとのこと。

旧暦1月14日にかまくらを100基作ったりするのが、
江戸時代から450年ほど続いている雪国の小正月行事。

最近では、おもちゃ・お菓子も振る舞ったり、ミニかまくらを
作ったりと、色んなエンターテイメントが企画されている…

かまくらの語源は複数あり…かまど・鎌倉大明神・神座など

通常時は、かまくら体験キャンペーンなどもされているよう。

かまくら作りは、雪を積み上げて、穴を掘り、仕上げる
3つの工程で仕上げられ、高さ3mほどにして完成とのこと。
なかなかの冬の体力仕事かもしれませんね。

横手市さまより (冬)横手のかまくらより
旅ぐるたびさまより 
横手のかまくら体験!「横手の雪まつり」で秋田の冬を楽しもうより

ドイツ人建築家のブルーノ・タウトが夢の国、メルヘンと
日本の美の再発見として、喜び絶賛されたとのこと。
かまくらに年中入れる施設もあり…一般社団法人横手市観光協会さま
2021年は、かまくらを作り替えをしているそうで、
2月19日(金)~2月26日(金)まで作業中とのこと。
2月27日(土)9時~17時 通常営業を開始とのこと。


今回は、横手かまくら祭り をお伝えしました。

一度は、かまくら体験してみたいですね。
可愛いデザインのかまくらや本来のかまくらも楽しみたいな。

im^888^mi

いつもご覧いただき、
ありがとうございます。



心・精神・人生・人間関係・運気などの
お話でのコンサル・アドバイス等で
個別のご相談をご検討されている方は、

Contactや相談・登録フォーム
コメントなどからご連絡ください。

お見積りなども受付していますので、
個人相談・サイト制作等、
紹介など様々なご依頼
お見積りもお受けしています。
お気軽にご相談くださいませ。
 
im巫mi