山の日 のぞく日 治療にいく日

2020/08/10

山の日 のぞく日 治療にいく日

本日は、山の日ですね。乙酉の日です。

本日の暦は、中段十二直(江戸時代に日々の吉凶を占っていた かな歴)では、 のぞく です。


 山の日:山の恩恵に感謝する日であり、いつも、山に助けられています、お祈りをしましょう。

川が好き、海が好きな方でも、山には行きませんか?

山は、日常でもいろんなところにありますよ。

私は、壁越しに山をイメージして、お祈り、日々の感謝をしました。

いつも、山があることで、サポートが得られます。

山のサポートを得られやすい環境にしている私です。


 のぞく日:除くの意から、百凶を除く吉日です。

医師にかかり始め、薬の飲み始め、種まき、井戸掘りなどに吉作用があります。

ただし、婚礼、移転、旅行、屋敷内動士などには、凶です。

 治療にいく日

私は、この のぞくの日は するとすれば、病院にいくことを意識して取り入れています。

日がなかなか選べないとき以外は、だいたい のぞく 日に、病院にいきます。

2020年8月10日以降の~ のぞく日 は、以下の通りです。

・8月22日(土)
・9月3日(木)・9月16日(水)・9月28日(月)
・10月11日(日)・10月23日(金)
・11月4日(水)・11月17日(火)・11月29日(日)
・12月12日(土)・12月24日(木)

土日が多いかもです。

土日以外にも、通院、治療始めで、運気を使用する場合は、他にもあります。

先ほどの、中段十二直とは違い、二十八宿吉凶(古代中国において星と東西南北で見る占い)という
もので、通院、治療はじめなどに使えるものを私は、使っています。

二十八宿占いから申しますと、 星 宿  が治療始めに吉とされています。

せいしゅく
 星宿: 治療始め、乗馬始め、便所改造吉。婚礼、葬式は、凶。

2020年8月10日以降の~ 星宿 日 は、以下の通りです。

・8月23日(日)
・9月20日(日)
・10月18日(日)
・11月15日(日)
・12月13日(日)


全て、日曜日です。なんと、病院に通いたいときに、土日だと大変ですよね。

困ってしまいます。それでなくても、予約を取るのに、大変なのにですね。


この2つの吉凶占いも、使えない場合は、私は、方位をみて、決めます。

この方位を決めていく行き方は、よく使います。

住んでいるところから、行こうとしている病院の方位を調べます。

東西南北  北・北東・東・東南・南・南西・西・西北の8方位でざっくりと見ます。

普通は、これでいいです。私の場合は、もっと細かく見ていきます。

そして、行きたい病院は、この8方位のどこかを調べて、その日の星が、

どこに滞在しているかを見ます。

例えば、今日は、8月10日 乙酉の日 中央に六白滞在。

行きたい方位が、
西北だと7、
西だと8、
東北だと9、
南だと1、
北だと2、
南西だと3、
東だと4、
東南だと5、

というふうに、方位に滞在している星をみて、決めます。

年の年盤、月盤、日盤、時盤と、見ていけばいくつもみていくことになります。

日盤だけ見ておけばいいかなと思います。私の場合は、時盤も見ます。


一般的には、暦の各星(一白水星や六白金星、八白土星など)の毎月の吉方活用法を

参考にされている方が多いかと思います。

なので、行きたい場所に行く方法は、いくつもありますので、気になる方法でお決めください。

私は、いろいろな占いで、決めてきています。


令和3年神宮館高島暦 令和2年神宮館高島暦 

 
いつもご覧いただきありがとうございます。

 
im巫mi