9月9日 重陽

2020/09/09

9月9日 重陽

本日は、9月9日で、9が重なる日、重陽である。
古くから9は奇数で陽であることから、
9が重なるとして、縁起が良いとされてきた。

昔の方も、この9月9日の重陽を古くからの習わしで、
節句にすることを取り決めたそう。
菊の酒を長寿祝いということで、飲まれてきた。

私も9は好きである。8も好きだが、9も好きだ。
9×9=81ともなるし、数が大きい、吉の数であるからだ。

お酒の席でも、菊が添えられている。お刺身に。
この雰囲気だけで、もう美味しい!!なんでだろうか。
この菊の葉を、千きりをして、お醤油と一緒にお刺身を頂く

菊の香りもよく、シャキシャキした花びらの食感も味わえます。
お酒の中にいれて、頂くのも、したいですね。
食の世界も、長寿を意識されてきた歴史があることが分かります。

私がホテル業で、配膳の接客サービスをしていたときは、
あまり、召し上がられている方をお見かけしたことはなかったかも。
たまに、いらっしゃるくらいでしたね。

あぁ、何だか、昔の世界へタイムスリップして、
祝いの席で、皆さまと菊酒を飲み交わしたいですなぁ。
さぞ、楽しい風情なところで、楽しまれていたのでしょう。

日本酒は美味しいですね。ほんと。お刺身にぴったり。
甘口・中辛・辛口、どれも良いです。
和歌山の日本酒は、飲みやすくて、口当たりもよく、美味ですよ。

一度、和歌山へ来られた際には、日本酒を少し味わってみてください。
黒牛 ・紀伊国屋文左衛門車坂 ・南方(みなかた)いち辛


紀伊国屋文左衛門は、甘く、あまりお酒を飲まない方にも好まれます。
やさしくなめらかです。小瓶で軽く、みんなで飲むスタイルが多いですね。

南方・黒牛 同じくらいの中辛ですかね。南方の方が少し辛いですが、
味風合いは、似ています。黒牛は、どんな料理にも合いますね。
とろっとしていて、ちょうどいい柔らかさで、まぁ落ち着きます。
南方は、南方熊楠のイメージのパッケージです。
煮物や煮魚・料理の中盤で飲みたいところです。

いち辛は、辛いのが好きな方におすすめです。けれど、辛いのが好きな方は、
他の地方でも好まれていたり、ハマられているので、いうほど辛いとは、
思わないかもしれません。けれど、きれいに、スッキリと少しずつ辛さが増してきます。
美味しいですね。味の濃い料理には、揚げ物などには合わしたいですね。

車坂は、お酒好きには、もってこいでしょう。
すっきりしていて、普通に強いです。簡単に飲めちゃうので、
軽く飲んでいると、気付いたら意外と酔っちゃいますので、お気を付けを。

和歌山には、梅酒もありますが、日本酒も飲みやすく美味しいものがあります。
よろしければ、是非、白浜温泉に浸かりにきてください。たまにの休日にでも。i^949^i

いつもご覧いただきありがとうございます。
 
im巫mi