人の寿命に作用する運 大事なこと 見 

2020/09/27

人の寿命に作用する運

今月は、とにかく芸能人の悲報が多い。

そして、今年は、ほんとに今まで活躍されてきた芸能人の方が、
これほどかってくらい亡くなっているイメージがある。

それも、歳が若くて亡くなるケースが多い。

竹内結子さん お悔やみ申し上げます。ほんとにご苦労様でした。

今月は、大変な時期というのは、
9月の運気が始まる時にお伝えしました。

もう、長生きというのは、出来る時代であるのに、
そうも簡単には、長生きはさせてくれないのが、よく分かる。

20代、30代、40代でも亡くなる時は、いずれ来る。
たまたま、世間の流れで、そう見えるのかもしれない。

三浦春馬さんと共演されている方は、放送開始待ち状態で、
亡くなっている。自殺がこんなにも多い年ってすごい。けど、
なんか、悲しいな。

南は、今月、大変な時である。そして、西にも強い星が来ている。
南西にも不運がある。

何かしら日々の過ごし方に共通点はあると思う。
なければ、こんなにも人は亡くならない。コロナ禍でもあるけれど。

今年は、西に背を向けるべきではない年。これは、
2020年の立春からそうである。そして、今月西は、少しパワーが、
強くなっていた。大切な人が亡くなりやすいというものがある。

そして、一番作用が強く働くのは、今月は、南である。
南の玄関、南の寝室は、特に大変な時期である。

人が過ごす部屋・家・会社は、それぞれ全く違うものだけれど、
方位の向きや、いつもどれぐらいの時間、どこの場所で多く時間を
過ごしているかも、結構重要なサインを持つのである。

会社にしろ、家にしろ、出張中にしろ、どこでもだ。

一番重要なのは、寝ている時だ。寝ている時にパワーを注入する。
そして、二番目は、起きていてよく滞在している部屋が重要。

この順番は、多少、人により、入れ替わる。
睡眠時間が短い人かもしれない、仕事時間が短いかもしれない。
その人の生活パターンによって、それは、違ってくる。

そして、問題は、家で寝ている部屋の空間が大切になってくる。
この家の空間に、自分に悪さを及ぼすものが、置いてあれば、
それだけで、運は、悪くなってしまう。健康体ではなくなってくる。

自分で購入したものもそうだが、
建物が建築されてから、あるもので、ある場合もある。

もし、尖ったものや映されるものに長時間、当たり続け、
さらに、自身の背を向く方位が、良くない方位であった場合、
それに、尚且つ、部屋の運が、年月日で、タイミングよく悪い運が、
訪れた場合、その人は、かなりパワーダウンすること間違いない。

そして、過ごしている部屋から見える景色が、良くない風に見えたり、
住んでいる建物の良くない方角で、工事なんかをして騒がしい音を、
たてていたりすると、さらに、負のパワーは、精度を増していく。

これに、家の中の掃除が出来ていなかったり、建物の外側が、
もう、築年数が経過したりして、外から見て疲れているように
見えたりしていたり、何かしらの汚れが付いていたりすると、
なおさらである。

ここまで、重なることは、稀だとは思う。
家族の誰かが、住んでいる建物の大家さん、管理人さん等、
家政婦(夫)さんによる、掃除や手入れをしてくださっていれば、
少しは、生きることが出来る可能性がUPする。

助かる確率が上がるというもの。

けれど、仕事が忙しかったり、家族の助けも頼めなかったり、
家政婦(夫)さん、管理人さん等の家事や公共スペースなどの
掃除や手入れが、行き届いていなかったりした場合も出てくるわけだ。

ほんとは、友達や大切な人に、信頼できる人に頼りたい、
相談したいと思うけれど、
相手も忙しいだろうし、コロナで会っては、迷惑がかかるだろうし、
会えば、手土産やいろいろと用意したり、身なりも整えたり、
会話も上手に話さないととか思ったりと、

余計に色々と、考えてしまったりする時が、出てくることもある。
もし、私や私の家族と出会って、何かしらのことが起こっては、、、
とか、女性、奥様は、意外と考えているものである。

そして、今月、南西も、ちょっとやっかいな星が滞在している。
だから、家族運・女性・奥様的な運が、乱れがちになるのだ。

人の運が、落ちてくるときには、さまざまな要因が、
複雑に絡み合って、成り立っている。
これは、この世界自体も、情報が、目まぐるしくかけめぐる中で、
人々は、生きているのであるから、
大量の蜘蛛の巣があり、どの道を選ぶかは、その人次第って感じ。
と、似ていようなところはある。

無数にある人生の道を、コレだ!と思い、1つの決断をして、
行動をとって、言葉を使って、生きていたりする。

ほんとに、生きづらい世界であるのは、間違いない。

大事なこと 「見」

1つ私が、言いたいのは、相談できる相手を持っておく。
何かを言いたい時、どんなことでも話ができる、話がしやすい人を
知っておくこと、繋がっておくことは、大事であるというお話です。

私が、亡くなられた方の運を見たりするのも、
これらの関係性もあるのです。
出来れば、誰かに、相談して、時期を少しでも延ばして、
少しでも長生きしてもらいたいという願いがあります。

けれど、人の死は、突然と来るわけです。
悲しいけれど、けれど、亡くなる本人はというと、
亡くなる感じを感じるというもの。直観、霊感が強くなるのです。

人の死に際、亡くなり方は、
人それぞれ考えがあることでもあるとは、思います。
自身が考える形で死にたい。亡くなりたい。という想いが
ないということは、ないでしょう。

人生を生きていれば、人は、自分の死を考えることは、
1度はあるはずです。自分の悔いがない状態で、
未練がない状態で、さよならするのが、一番です。
一番ですが、なかなか、そんなの難しいですよね。

当人の想い、家族の想い、周りの支えてくれている方の想い、
みんな違います。けれど、人の人生は、その人が決めて歩く道。
誰のものでもない、自分主役のストーリーがあるのが、
この世の人の人生というモノ。

少し、気にしてあげる程度でいいのかもしれない。
当人が気づいたときにだけ、
お話や手伝ったりすればいいのかもしれない。
ほんと、それくらいが、ちょうどいいのかもしれない。

人によっては、もっと言ってよ~という人もいるだろう。
けれど、最終は、当人の悟り、気付きが、全てを決める。

こうだと思っても、あえて言わないこともする場合もある。
その人にとっては、要らぬお世話であったりする場合もあるから。

だから、その人、一人の当人の人格、その人の人となりを、
ちゃんと見てあげることが、本当に大切なこと。

この大切な「見」「察する」ことが、お互いに出来れば、
お互いに出来るような繋がり、グループがあれば、頼れる存在の方が、
いつでも、対応できる状態であれば、

人の想いの中までも、全て汲み取って聞いてあげられる。
話を、ゆっくりちゃんと聞いてあげられるものだ。

なかなか、ソーシャルディスタンス、人との間をあけることは、
見えるレベルで出来たとしても、心の精神のソーシャルディスタンスは、
まだまだ、なかなか、対応しづらい現状があるのかもしれない。

よっぽど、気心知れた人で、何でも分かってくれる
深い、広い、懐の人でないと、数人、数十人、何百人、幾万人の
お話の相手は、難しいかもしれない。

そう頑張る人もいる。私もそのうちの一人だとは思う。

ただ、個人個人で、お互いに核心から根本からの話し合いが
深く気づきあるお話が出来ていれば、いい。
少しずつ、月日を積み重ねていけば、お互いの想うことは、
分かってくるはずだとは、私は思う。

この時、へんな見方は、要らない!まっさらな心でお互いに見る
というのが、大切である。人は、出来ると思う。
ちゃんと向き合えば。ちゃんと向き合えばの話だけどね。

なぜ、今、突然の別れ、シングルマザー・ファーザーが、
多いのか、ここに、繋がるものでもある。

やはり、ちゃんとした「見」を身につけることが大事である。
男女の違いから始まり、その人の癖を知ることだったり、
お互いに話し合う場を作ること。それも、真剣に。
家庭には、もちろん笑顔がたえない暮らしが一番だ。
ただ、本当の素の笑顔が見れているかが、重要なところ。
作り笑いが上手な女性は多い。女性は、女優ともいう。
男性は、笑いに不器用な方が多いが、うまくこなす人もいる。

お互いのコミュニケーションはやっぱり必要。
ただ、喋ればいいというものでもない。
感じて話が出来ることが出来ているかが、重要なポイント。

楽しく話し合いをするのもいい。真剣な話もいい。
話をしながら、もっとその人自身をちゃんと「見」できれば、
恋愛にしろ、会社の上司部下、同僚であっても、
夫婦、家族間の話し合いであっても、物事を読み取る能力が上がる。

楽しそうにしているか、面白くなさそうにしているか、
声に張りがあるかないか、表情に違和感はないか、
話しながら、話さずでも、ちゃんと「見る」ことで、
少しは、分かってくるところも出てくるはずである。

見・気付き・悟り・まっさら・伺う・感じながら・想いながら

大事な要素は、多分にある。
何かしら、少しずつレベルUPしていくことは、大事である。
ちょっとのことを積み重ねると、
少し見るだけで分かるようになるレベルに到達できる。

私がしてきたことは、小さな気づきに気付けるか。
これを、ただただ、まっさらな心で目で、見てきた続けてきた。
から、今こうしてこのようなお話をすることが出来ています。

私は、少しというか、
あまり出会ったことのないタイプの属性であるかもしれない。
難しい話をすることもあるが、普通に他愛もない話もしたりする。
お笑いの話だったりもする。色んな話は、一応できる。
人によって、話すことは違うと思う。誰だってそうだと思う。

同じ話をまったく同じ話し口調で全てを話すかは、人によって変わる。
私のDairy、ブログでは、色んな口調で話していると思う。

私の素がどれなのかは、どれもそうなのかもしれないが、
書き言葉と喋り言葉では、また違ってきたりもする。
私は、真剣にこのブログをいつもつづっている。
ただ、それだけは、言える。

話は、少し私の話に変わってしまいましたが、

今回は、人の寿命に作用する運についてお伝えさせていただきました。
結構、重要なお話でした。

これらの様々な運を避けて、
突破して、運を上げる方法を使い、自らを守り、家族を守り、
知人・他人を助けたりとしていくのが、良し。

今年は、身に着けるお守りは持っておく方がいいというのは、
今までの記事の中でも伝えてきていますこと。
あなたが、これだと思う、直観の感性で感じるものを
自身の身代わりではないけれど、大切な役目として、
そばに置いておくことは、大事であります。

右腕、左腕には、ならないかもしれないけれど、
その当人の右腕、左腕にもなるかもしれないものは、
自身の近くに居てもらえるようにした方がいいでしょう。

本日は、私のお話を最後までお聴きくださり、
誠にありがとうございました。
あなたが強く、あなたらしく生きられますように、願っています。
いつも、ほんとうにありがとうございます。


 
im巫mi