手の消毒の大切さ 15秒で菌を除去⁉

2020/10/09

手の消毒の大切さ

手の消毒は、これからも、大事な作業になってくる。
作業とは、言いづらい大事な、ルーティンとなる、今秋冬!

インフルエンザとコロナの2つの菌が交わるとき。

日本の研究チームが、人体に9時間滞在するコロナ菌を突き止めました。

引用:

新型コロナウイルスが人体の皮膚に、最長9時間以上生存するという研究結果が出た


人体にコロナ菌が9時間程度滞在し、
手の消毒を含め80%のエタノールで拭いた人体の皮膚では、
15秒で、コロナ菌・インフルエンザ菌(A型)を
完全に非活性化させた(死んだ)という研究結果。


インフルエンザ菌は、皮膚上で、1.8時間程度で、不活性化する。
京都府立医科大学研究チーム 研究概要 論文より

ですので、コロナ菌・インフルエンザ菌に勝つには、
今秋冬は、特に、手からカラダも除菌が重要ってことです!
今のうちに価格帯も、戻ってきた今頃に、翌年2月まで、
今年12月までは、除菌を保てる準備、ストックは大事です。
おすすめで、比較的扱いやすく、アルコール80%~のものを
少し、載せています。Amazonプライムデー前に、欲しいところ。
プライムデー以降も、普通に、
これからのマイお気に にも加えたいものです。
人と人が触れ合う状況は、日常生活には、自然な流れで、訪れます。
今まで習慣でしていた、仲間同士でのハイタッチなども、
家族で、楽しくお話している時も、
写真撮影で、近めに寄ることで、写真映えを作ることだってあります。


小さなお子様は、好奇心旺盛で、色んなものに興味があり、
すぐにあちこちと ぺたぺた として興味ある物に触れていきます。

日本でも、赤ちゃんのコロナ感染も一時期ピーク的な取り上げ方が、
されていました。
お子様には、徹底して、除菌スプレー、除菌シートで、
手をきれいに保つ習慣を、教えていきましょう。

時代背景もあり、なぜ、手の除菌が必要なのかも説明しやすいので、
分かりやすく説明をしていれば、
お子様も、しっかりと手の除菌をしてくれることでしょう。

綺麗好きなお子様が成長していくと、将来が楽しみですね。
皮膚に優しい、少し薄目に除菌スプレーを作っておくのもいいですね。

外出先から帰ってきた時用と、家の中で居てる時用で、
別けて、使っていくのもありかと思います。
除菌シート・除菌スプレー 赤ちゃん
アラウ.ベビー ウイルス感染対策ウェットシート

スーパーや至るお店で、置いてある除菌ボトル!
これから更に、注目されるところ!

お店に入るときは、しっかりと15秒間程度は、なじませておく。
いつもの習慣にちょっとしたテクニックを入れて、
もっと、消毒・除菌に意識をもって、お買い物にも行きたいものです。

一度、外に出かけたら、一つのお店だけではなく、
2店・3店と訪れちゃいますよね。
そして、除菌したい時に、ハンドジェルボトルがないときもあります。
マイバッグに、1つ入れておくだけで、いつでも、どこでも、
手の消毒は、出来ますね。私も、意識しています。
ちょうど、また欲しくなっていたところでした。

手の消毒以外は、除菌シートで、手足、首元、
少し出ている所を、拭いておくのも、大事なポイント。

人と、出逢う時、人とすれ違いそうになるような場にいく時は、
人と出逢う前後に、キレイを意識することで、

コロナ菌・インフルエンザ菌を徹底除去で!打ち勝ちましょう!

守って、制す!守りが勝ち!というものです。
守りも攻めのうちですけどね。i^8^i

今回は、手の消毒・除菌の大切さについて、お話しました。
今期の運も、前の記事でお伝えしています。
今期は、消毒から、家庭・会社を守る!が、運を上げる行動になります!

いつもご覧いただきまして、ありがとうございます。

 
im巫mi