悟りの日 成道会

2020/12/08

悟りの日 成道会

本日は、12月8日は、
ガウタマ・シッダールタ(ゴータマ・シッダールタ)
仏陀(釈迦牟尼仏)が、悟りを開かれた日とされている。

日本では、旧暦12月8日をさすこともあるとのこと。
新暦だと翌年1月20日にあたる。
ですので、12月1日~12月8日までの昼夜を通して、
座禅を組み、お釈迦様に習うことをされる寺院もあるとのこと。
「臘八接心」(ろうはちせっしん)と呼ばれている。
近年は、日数を短縮されているところが多いとのこと。
「臘八接心」…旧暦の12月を臘月とされているため。そう呼ばれる。

そもそも、ゴーダマ・シッダールタは、
断食などの苦行を行っていたが、苦行のみでは、
悟りを得ることが出来ないところまで、達したそう。
魔を払い、打ち勝ったとされる。無や境地に達したのだと思われます。

そんな時、ブッダガヤの村娘(スジャータ)より、
乳粥の施しを受け、弱った体をゆっくりと回復させたのです。

それから、悟りを開くこととなったのです。
乳粥・・・インド料理のキールの元とされているもの。
ミルク粥 冷たくても、温かくても甘くて美味しいもの。
ドライフルーツ・ナッツをいれたもの。
今でいうと、燕麦・シリアル・グラノーラのあたり。

私も、今では、朝食に、燕麦を意識的に取っています。
シリアル・グラノーラから始まり、燕麦にたどり着きました。
私も、貴重な体験をしてから、朝食には、出来る限り、
ミルク粥を取り入れるようにしています。
大事なものだから、意味合い的にも栄養的にも様々なことを、
取り入れることが出来ました。ほんとに、誠でした。ね。

いつか、私も、起こった出来事などを、
詳しく話せる時がきたら、お話しできたらと思っています。
そして、悟りを得た仏陀は、この悟りをどのように話したら、
伝えたらいいのだろうと、考えることになるのです。
なんとも、難しい話、というよりかは、数が膨大な量で、
どこから話していけばよいのだろうと思ったはずです。

そうこう考えていると、天の神様の
梵天(ぼんでん)や帝釈天(たいしゃくてん)などの神々が、
「是非お説き下さい」と懇願(こんがん)されたのです。

お助けがあり、お釈迦さまも御心を決められたと伝えられている。

この時の梵天による言葉が、あります。

「願わくはこの功徳(くどく)をもって普(あまねく)く
一切に及ぼし、我等(われら)と衆生(しゅじょう)と
皆共に仏道を成ぜん」
という
大乗仏教のどの宗派も唱えている
法華経『化城喩品(けじょうゆほん)』の一節。

仏法とは決してお釈迦さまが考え出されたものではなく、
またお釈迦さま以外は誰も理解できないような内容でもありません。
法華経に説かれている通り、大切なのは
「私たちもお釈迦さまと同様に悟ることができる」
ということであり、法を悟り仏陀(ぶつだ)に
なることは万人にとって可能なことなのです。

滝本仏光堂さま 
成道会(じょうどうえ)・臘八会(ろうはちえ)12月の仏事
より
日蓮宗大阪さま
釈尊成道会 仏になるってどういうこと?より 
一部引用させていただいています。

すごく、仏陀の教えの流れをお伝えしているものだと思いました。
ご紹介させていただいています。

本日、12月8日は、こと納め、こと初めでもあります。
この こと納め、こと初め は、
推測からして、仏陀に向かってくる魔を払った、打ち勝つ、終わり、
悟りを得るとのことで、苦行や悩みを終え、お話を説いていく。
という、表れでもありますね。
なんと、暦の、その時々の慣習、名残りは、
紐解くと、意味合いが素敵なものが多い印象がありますね。
素晴らしいです。

この考えは、私の考えですので、お聴きくださるだけでも、
嬉しく思います。ありがとうございます。

神事や農業などの始まり、終わりが、ちょうどこの頃だそうです。

昨日、お話した私のお話のサインでも、
会話するようになることもあると、雰囲気伝えていましたが、
心が、落ち着き、共鳴し合うようになると、
素敵な世界の方と、お話が出来るようになってきます。

現代社会では、様々な問題がありますが、
これら、全てを紐解こうとした場合、どれほどの改善策を講じる。
施さなければならないかと思うと、膨大な数に、のぼってきます。

けれど、やるべき大事な視点は、ありますので、
出来たら素敵ですが、なかなかその問題を解決するには、
数々の試練が、世界中にまだ、残されています。
世界が、より平和に近づくようになるとき、
ようやくシフトチェンジできることでしょう。

世界で、考えると、そうですが、個人で考えると、
より深く、じっくりと冷静に考えていくことで、
小さな幸せに出逢うことが出来ることでしょう。

学びは、素敵。どのように考えるかで、意味合いもその先も、
影響してくるものが、変わってくる。

学ぶ分野は、たくさんあるので、時間は、かかります。
向き合うことで、多くのことは、解決へと向かいます。

成道会 悟り 人は、みんな素敵であります。
誰かが、人のどこを観るか、選ぶか、取るかで、
物事は、変容しようとします。
現代は、少し情報が多すぎる時代なので、
特に様々な価値観に触れることが、大事であったりします。

自分と同じような方のお話や、全く普段聞くことのない方のお話を、
少しずつ、知っていくことで、その人の人となりが、見えてきます。

決めつけの考えは、持たず。一度受け入れてみてから、
熟考し、出してみる。という考えを取り入れるのが、
何事にも、通じると思います。

悟り 人、個人の導き出したい答えを調べて、考える。
繋げて考えていくと、色々とリンクし合っているので、
ふとした答えが、導き出されます。

仏教のお話も大事ですが、全て、そのようにしなくてはならない。
ということでも、ありません。
自分の心に聞いてみて、どのような答えが出るかを、
聞いてみることが、一番、大切だと、私は、思います。

そのような答えもあるんだ。という風に軽く入ることも、
また、コミュニケーションの場では、大切かもしれませんね。
自分の言いたいことが、強くなったりもします。
相手の方も、言いたいことがあります。
自然の流れに任せるのも、また、素敵で、面白い。
伝えたいことは、無理せず伝えることも大切です。
あなたという個人のカラーは、あなたらしさですから。

だれも、あなたらしさを強制しようというようなことは、しません。
ただ、私の言い分、大事なことも聞いて欲しい!というパワーが、
強くなり、そう、感じることになるのかもしれませんね。

なので、受け入れて、考えて、手放す。少し変えて、活かす。が、
大切な流れであるのです。

今回は、悟りの日 成道会に
ついてお話しました。

私も、少し昔の体験や記憶にアクセスして、
ありがとうと伝えました。

苦い経験もあるかもしれません。
苦手な事ばかり、前に起こることもあります。
もしかしたら、何か、教えてくれているのかも
しれません。少し聞いてみようという心構えで、
いることは、心身ともに、少し休息を、
与えてくれます。

考えすぎて、ストレスが多くなる時は、
気分転換や体を動かしたり、
食事で、栄養を取ることも必要です。
リラックスした音楽なども聴くことで、
体全体を、程よい状態にすることで、
悩みに対する考えも、クリアに
なってきます。

時には、つらくなることもあり、
休むことも必要です。
体を大事にすることは、大切です。

いつもご覧いただき、
ありがとうございます。
im巫mi