世界人権デー

2020/12/10

世界人権デー

12月10日は、世界人権デーの日です。

世界人権デーは、毎年12月10日に行われている世界人権の日。
前の記事でも少し紹介しましたね。人権週間のことを。
1948年12月10日に国際連合総会で採決されたことを記念として、
1950年の国際連合総会で、毎年12月10日に記念行事が行われるように
決まった。1968年以降~5年ごとに、国連人権賞が授与される。

 
前回は、2018年に国連人権賞が贈られた。 

ここ最近は、LGBTについて議論が世界中でなされていますね。

LGBT・・・
Lesbian(レズビアン、女性同性愛者)
Gay(ゲイ、男性同性愛者)
Bisexual(バイセクシュアル、両性愛者)
Transgender(トランスジェンダー、性別越境者)

4つの頭文字をとった単語で、
セクシュアル・マイノリティ
(性的少数者)の総称のひとつとされています。

ナイキのCMも、話題となりましたね。
在日〇〇人ってね。炎上商法なのか?人権週間も兼ねて作成したのか?

普通に見ると、言いたいことは、分かります。分かりますが、
CMにすることで、大げさにしたかったということなのでしょう。

大きく取り上げられれば、
もし、何かしらしている方も、されている方も、
印象的には、深く残る可能性は、高いと見えますね。

先生や大人は、何もあまり、接しません。
ないものと考えますよね。

子供達には、ちゃんとした考えをもって、
頑張って人生を歩んでもらいたい。
そういうことだとは、思います。

私は、風水やサイン、ホロスコープなどを知ることにより、
そのようなことなども、なぜ起こってしまうのかなども、
理解できるようになりました。
子供達も、大人も、先生も、周りも、それらを知ろうとはしません。
学校での教えもありませんから。分かるはずがありません。

けれど、それら、色々と起こることがあります。
ありますが、それら全て、何かを伝えようとして起こるものなのです。
そのようなことだけには、使われません。
様々なことには、色んな影響が隠されているわけです。

世界は、そのようなことは、見ずに、感情を強めて、
言葉や体を使って、暴力や罵声など、色々としていくのです。

人権問題に限ったことでは、ありません。
もう、この社会は、少しどころか、だいぶ歪んでしまいました。

自由が凄すぎて、その幅も強く、個性も特色も強くなりました。

様々な問題を一度に解決しようとするのは、この現代の仕組みでは、
限界があります。一度、根本の根本から変わらなければ、
全く、進む世界が、
進まなくてはいけない世界にたどり着くことはできません。

いずれ、大変なことが起こることだとは思います。
ここ数年は、特にその前触れ、前兆のようなものだと考えます。

本当に、ヒトが進まなくては、いけないだろう。道、世界は、
かなりの遠回りをしないと、たどり着けないようです。

人権問題を解決することは、この世の中を大きく変えることに
繋がります。世界が個人が、面と面で向き合い、盾矛を持ち合い、
にらみ合っているような感じです。まぁ、大変なのです。
国も、もちろん、見えない、隠れたところでは、そうなのです。

うわべ、外見だけは、これからは、中身から心から、
根本の考えから、変わる時が、少しずつ訪れることでしょう。
そうしなければ、全く、世界は、動かずのまま。
お互いが、尊重できるレベルまで、世界中の全人類が、
その崇高なレベルに到達するとき、ようやくはじめて、
世界は、一つになり、人権問題もようやく解決するときです。

そこまで、どれだけの時間が、かかることかは、分かりません。
個人の考え、世の中の仕組み、常識、非常識、価値観が、
もっと柔和に考えられるようになることが、近道ですね。

お互いに受け入れることから始めるのが一番。
そこから、時間はかかるかもしれないが、お互いを知っていくことが、
必要となってくる。

時代が動く時、星が動く時、少しずつ、人も影響してくる。
いずれ、考え方は、皆変わっていくと思う。

それまでに、すること。出来そうなことからしていくことが、
結果として、ヒトとヒトを、繋げていくのだろう。

この問題を考えると、
しようとすること、進みたいことは、
変わってくる。現代社会で、うまく考えて
動いていくには、まだまだ時間がかかるけれど、
良い変化が、起これば幸せだな。

ありがとう。

歴史・文化や芸術などから、
個人の趣味を通して、
コミュニケーション力が世界中で、
素敵になったら、いいね。

いつも、ご覧いただき、
ありがとうございます。

 
im巫mi