2020年 双子座流星群 12月13日14日15日

2020/12/11

2020年 双子座流星群 12月13日14日15日

2020年12月13日14日15日より
双子座流星群が見やすいチャンスである。

そもそも、双子座流星群は、
年間三大流星群のひとつとされている。

多く観られる場合は、
1時間あたり、40~60個、確認される。
放射点から放射状に確認できるとのこと。
東の空全体に注目したい。

今年は、新月が12月15日に訪れます。
ですので、月明かりの影響がほぼ少ない状態で確認できるという
流星群を見るには、絶好の夜空なのです。

2020年12月14日午前10頃が、
双子座流星群のピークであるとのこと。
13日か14日か、伝えている方は、それぞれいらっしゃいます。

ですので、12月13日の22時頃~12月14日の
東の夜空を見るのもいいでしょう。

12月14日の21時頃~からも、見えやすい時間帯。
22時頃~が、本腰入れて見ていきましょうっていう感じです。
ピーク過ぎの12月15日の見え方も、見てみるのもいいですね。
13日14日15日で、どれほど見える違いがあるんだろう。
っていう感じで。

11月30日18時30分頃に、双子座では、半影月食期の満月でしたね。
前日に満月は、見れましたが、当日は、曇りで、
私は、確認できませんでしたね。

今回、双子座流星群は、確認してみたいですね。
新月前ですので、見やすい環境ですので、
都会からも、確認しやすいかもとのこと。

太平洋側で、確認しやすいと出ています。
13日・14日・15日は、日本全国的にも、
晴れのち曇り・曇りのち晴れが、やや多い感じ。
またしても、曇りがかかるのか?
天気は、日が近づくと、少し変わってきますから、
期待したいところです。

双子座、中心から左右で、ほんと似てますね。双子だ。
一気に40・50・60ほどの流星群に出逢えたら、トキメキ放ちそう‼
花火の綺麗さも良いけど、流星群の綺麗さも見たいな。
お願い事も、たくさん用意しておくと、叶いやすいかも。
運気的にも、不運はある12月ですが、
チャンスも、吉運も倍ある月ですので、願っておくことも、
投資になるかもですね。棚ぼた投資。
引き寄せるには、イメージと想うことが必要ですからね。
年の瀬、正月に向けて、企業様も色々とキャンペーンを、
打ち出していますから。
キャンペーンチェックをする習慣も夢への道筋後押しになるかもです。
夢を抱いて、現実的に考えていく頃合いですので、
気持ち高めて、前向きに人生を考えていくことで、
あなたに合ったものが、目の前に現れてくれるかもしれませんよ。

ふたご座流星群のシュミレーションがありますので、
願い事を想いをイメージ、伝える練習をしておくのも良きですね。

ふたご座流星群のシュミレーション(空全体の見え方)※音楽流れます。

本日は、2020年 双子座流星群 12月13日14日15日
についてお話しました。

寒さが、少しずつ強くなってきますので、
防寒対策は、しっかりとなさって観賞してくださいね。
あなたの素敵な夢が叶いますように。

いつもご覧いただき、
ありがとうございます。
 
im巫mi