漢字の日 12月12日 いい字いち字

2020/12/12

漢字の日12月12日いい字いち字

2020年12月12日は、漢字の日です。
公益財団法人日本漢字能力検定協会が、1995年(平成7年)に、
企画したものです。
公益財団法人日本漢字能力検定協会は、漢字検定の主催者です。

今年の漢字は、どんな感じか?漢字か?
普通に聞いても、漢字か?でも、通じちゃいます。

今年は、12月14日の14時~、京都 音羽山清水寺にて、
報道各社の前での披露です。
50年ぶりの葺き替えられた檜皮屋根と
真新しい板を張ったばかりの本堂奥の院での舞台も、
修復工事が完了とのことで、京都清水寺も、
一新して、気持ち新たな気持ちでスタートですね。


音羽山 清水寺
2020.12/14「今年の漢字」発表に伴う拝観のご案内より

発表された「今年の漢字」は12月23日(水)まで
本堂外陣にてご覧いただくことができます。
23日以降は漢字ミュージアムにて展示公開されます。
Twitter2020年「今年の漢字」

速報は、公益財団法人日本漢字能力検定協会ホームページより
14時30分頃。16時頃に詳報(1位~20位)を掲載とのこと。

今年の漢字の募集は、2020年11月1日~12月6日まででした。

公益財団法人日本漢字能力検定協会 
今年の漢字 過去の漢字一覧


果たして、今年の漢字は、何になるでしょうか?
2020年流行語大賞は、3密でした。
安定した票があるのは、密ですね。
お寺も、密教というものがありますね。
もとは、インド密教、ヒマラヤ山脈を越えて、
チベット密教、そして、インドから中国へ、
中国から日本へと、真言密教と、形、宗派が、
派生してきました。

仏陀・・・「目覚めた者」「悟り」
真言密教・空海が密教を体系的に日本で広めた新たな密教
真言・・・真理を表す秘密の言葉

仏陀から空海、密。
2020年は、コロナ。
各地域でも、コロナ時には、仏陀が現れるとも言われていますね。

漢字も、言葉一つも、言霊には、影響力が秘められています。
プラスな言葉もマイナスな言葉も、真言(マントラ)も、
歌の歌詞も、口癖で使う言葉も、みんなパワーが入っています。

サインなど、宇宙、自然の法則などを、意識すると、
少しずつリンクしていくことに、出逢うこともあります。
目に見えない、浮き出てくる文字なんかもあります。
私は、この現象を今年、バナナや紙から発見しました。
あの現象は、凄かったですね。まるで魔法でした。
難しい漢字が、物凄く浮き出てきました。
以前にも、地面上に、驚くほどの見たことものない漢字の
漢字の量を見た記憶も思い出しましたね。
何とも凄い体験をさせていただいる私であります。

そして、バナナ・紙の漢字から
すぐさま、アイデアが浮かび、仏に真言を唱えにいったほどです。
何か、助けがほしい、
緊急事態に陥ったときにも、(スピリチュアル的な時に)
真言を唱えて、払ったほどです。
それくらい、大事な時には、凄く大事なものです。

今年の漢字から、少し離れてしまいましたね。
今日は、12月12日20時~twitterアニメトレンドもありますね。
募集している漢字からの選出ですからね。
影響は、ないでしょうけど。
鬼滅の刃、煉獄杏寿郎、もしかしたらあるかもですね。
2019年のアニメトレンドは、鬼滅の刃でした。
仕事のやり方や考え方などの価値観も変わった一年ですから、
変容の年でしたが、すでに2008年に変が使われています。

過去の今年の漢字一覧を見ると、
仏関係のものがあるので、密は、入れておきたいところですね。
2000年・2012年・2016年には、金が3回入っていました。
ほんとに、応募されたものを使うというのが、よく分かります。

 

密教の修行は「三密の行」
即身成仏に至るための修行を「三密の行」といいます。

手に印を結ぶ「身密(しんみつ)」の行
陀羅尼(だらに)や真言を唱える「口密(くみつ)」の行
瞑想によって精神を統一する「意密(いみつ)」の行

 

「身密」で結ぶ「印」は左右の十本の指を
組み合わせて作るさまざまな形のことをいいます。
印は仏の悟りの境地を表すとされ、
仏像はそれぞれの印を結んだ姿で表されています。

陀羅尼とは、サンスクリット語である梵語(ぼんご)の
発音のまま唱える呪文のことです。梵語は梵字で表され、
梵字は一文字で仏を表すことができるとされています。

TRANS Bizさまの「密教」とは何か?
その教えや顕教との違いもわかりやすく解説!
より


清水寺・御朱印さまの
京都清水寺今年の漢字歴代一覧(過去の漢字)と
「今年の漢字(2020年の発表日・公開期間」
より

本日は、漢字の日 12月12日 いい字いち字
についてお話しました。

漢字と梵字・真言・仏・
関係ありますね。
公益財団法人日本漢字能力検定協会も、各お寺も、
神社も、真言・マントラは、繋がっていますからね。
常日頃、意識を少しは、持っておきたいですね。

マントラも常に唱えていると、長いものでも、
覚えるようになります。色々と種類がありますから。
気になるものを、意識するのもいいですね。

漢字・言葉には、見えないパワーもありますから、
影響力もあります。この今年の漢字一字は、
日本にも世界にも、影響力はありますね。
言いたいところを、察する、意識することは、良きです。

良い言葉を使うのも、良い影響が起こりますから、
言葉や漢字、文字も、出来れば良い波動のものを、
選んで使いたいところですね。


いつもご覧いただき、
ありがとうございます。
im巫mi