クリスマス・イブ クリスマス

2020/12/24

クリスマス・イブ クリスマス

クリスマスは、キリストを祝う日ですね。降誕祭です。
キリストの誕生日ではなくてですね。
お生まれになられたことなどをお祝いする記念日といった設定。

昔、ちょうどこの頃に、各宗教などのイベント・お祭りごとが、
多くあったことから、この日に設定しているというのです。

色んなイベント事が、年の終わりに開かれることで、
キリスト教を布教、認知させたかったのかもしれないと
言われています。現に、受け継がれていますね。

クリスマス・イブは、協会暦の上では、
12月24日の夕刻から12月25日の朝までとされ、
クリスマス当日の夜と呼ばれています。
クリスマスは、協会暦の上では、
12月24日の日没~12月25日の日没までとされています。
クリスマスの飾りつけやプレゼントについて

日本と諸外国では、クリスマスやプレゼントに違いがあります。
日本では、クリスマスといえば、恋人と一緒に過ごしたい。
クリスマスには、プレゼントを交換したり、
お洒落なレストランでディナーをするのが、風習ですね。

諸外国では、1月6日に子供にプレゼントを渡すところがあります。
クリスマスの飾りつけも1月6日頃までを目途にする国や、
1月末まで、クリスマスイルミネーションをするところもあります。

諸外国では、クリスマスは、家族で過ごすことが多く、恋人同士で、
過ごすということは、ないそうです。
楽しくみんなで、キリスト降誕祭をするというのが、諸外国で、
日本は、バレンタインデー、ホワイトバレンタインデーに加えて、
イルミネーションムードの年の終わりに、デートを楽しむといった、
意味合いが強いような気がしますね。

フライドチキンではなくて、七面鳥を頂くのが、本流。
やっぱり、お祝い事は、七面鳥(ターキー)ですね。
日本は、クリスマス商戦で、色々と習慣作りが上手です。
フライドチキン好きな方が、結構多いことや、
鯉をさばく国もあったりと、とにかく楽しめてお祝いが、
出来ればいいのでは。という結論にたどり着く感じ。

日本では、12月30日・31日・1月1日・1月2日と、
滞在するホテルでは、食事が、一番豪華な日です。
ホテルで働いていましたので、料理人もホテルのスタッフも、
忙しく、覚えることが多かったりしましたね。

クリスマスの飾りは、日本のホテルでは、ずっとは付けない。
食事の意味合いなども変わってくるため、
名の通っているホテルで年末年始を過ごすのは、
日本の食事の文化の大事さも見えてきます。

Gotoキャンペーンは、色々と問題がありました。
叩きすぎなような気がしています。
ちゃんとした計画をしていれば、良かったはずですけど。
どのようにして、経済を回すか、他のアイデアが上がっていたなら、
そのアイデアを聞いてみたいと思ってしまいます。
不運は、読めるのに、もっとちゃんと見てほしいとは思いますね。

各ホテルは、今年の年末年始は、少し休息が出来そうで、
それは、それでいいんじゃないかとも思ったり。
休める時に、休むのもいいと思ったりします。

今回は、クリスマス・イブ クリスマス ついてお話しました。


クリスマス、日本で一番元気なところは、ラブホテルですかね。
今年は、少し活気はないでしょうけど。

元は、イエス・キリスト様の誕生をお祝いする日。
はじめは、作られていなかったわけですが。
キリスト教の方の想いが、凄いというのが、よく分かります。

イエス・キリスト様、お生まれになられ、ありがとうございます。

おめでとうございます。なのか?考えてしまう。
感謝する方が多いかと思うので、ありがとうございます。
が、いいのかな。

いつもご覧頂き、
ありがとうございます。
 
im巫mi