鬼滅の刃 興行収入1位から仕事力

2020/12/28

鬼滅の刃 興行収入1位から仕事力

鬼滅の刃、公開から73日目で、324億円7889万5850円を記録、
興行収入が歴代1位となった。なんと、年内で、歴代1位であった
千と千尋の神隠しの316億8000万円を超した。

今回の鬼滅の刃上映は、人気増しと戦略勝ちでありますね。
鬼滅の刃のキャラクター商品など、上映しないと手に入れることが
出来ないものなどを、導入していき、再来店を狙う形となった。
広告、商品に、追加できる資金があったのと、押せ押せムードもあり、
MX4D、4DX(4D上映)を12月26日から上映したこともあり、
最高のビジネス展開をした形でしたね。
ITmediaさまより一部引用。

どんなマンガ・アニメでも、同じようなことをするのだろうか?
どれほどの人気があれば、追加商品などを組み込めるのか?
鬼滅の刃だけの収支を見てみたいものだ。
来年、鬼滅の刃を超える名作は、生まれるのか気になるところ。
クリエイターにとっては、夢のある世界だなと思う。
どれほど広告、商品展開などに力を入れてくれるかどうかですね。

やりすぎ都市伝説12月25日放送でも、集英社に特別に聞き込みを
していましたね。ジャンプファンにとっては、夢のような会社ですね。

作家さんと担当者の決め方は、電話を受けた方が、担当するという
運で決まるということも、面白かったですね。
見る目のある担当者さんと、原石の作家さんとの出逢いは、
電話によって決まる。マンガの作風も担当者さんのアドバイスで、
変更することにより、よりジャンプらしい作品になることで、
人気を得ることができるとおっしゃっていましたね。
鬼滅の刃が出来上がる前の作品も、担当者さんの意見を受けて、
反映させた結果が、現在であると考えると、
目利きある人に出逢えること、良きパートナーに出逢えると、
仕事運も上がってくるということですね。

色んな事が重なると、倍々のように運気は昇っていきますね。

今回は、
鬼滅の刃興行収入1位から仕事力についてお話しました。

自分に合ったパートナーを知りたい方は、
是非、ご相談ご依頼よりお願いします。

いつもご覧頂き、
ありがとうございます。
 
im巫mi