日本と中国の年末年始の掃除 違いと共通点

2020/12/29

日本と中国の年末年始の掃除 違いと共通点

日本と中国の年末年始の掃除の違いと共通点について
お話したいと思います。

日本では、新暦1月1日を迎える前に、大掃除をするというのが、
伝わっている習慣だと思います。
新しい年に入る前に、身も部屋も家を綺麗にする。
この考えは、中国(中華圏)とも同じです。

ですが、大掃除をするタイミングが違う
というところが今回のポイント。

中国(中華圏)では、旧暦1月1日の前日に、大掃除をする。
という点が違うというお話です。

日本は、新暦重視。中国は、旧暦重視。
ただ、このタイミングの違いだけ。
大掃除するということには、変わりはないですね。

翌2021年は、旧正月が2月12日ですので、
旧正月前日は、2月11日となります。
中国(中華圏)では、旧正月前日から7日間は、
正月休みです。場合によっては、14日間の方もいらっしゃる。

日本でも、2月中旬前後に、中国(中華圏)の方の旅行が、
多く見られるのは、そのためですね。

基本的に、家族や友人と過ごすということも同じですね。
中国の大掃除の歴史に、
除陳布新という
「古いものを片付け、新たにする」ということわざがあります。
掃除は中国語で扫尘。尘(塵)と除陳布新の陳は、
発音が同じであり、(chén)
大掃除は、全ての不祥・不運を一掃すると伝わっています。

12月中旬頃~各神仏でも畳の叩き拭き掃除なんかもしますね。
除夜の鐘も、ほうきで掃除をしていましたね。

考え方は、どちらも同じで、
家の隅々を綺麗にするということですね。
ほこり、ちり、蜘蛛の巣などを、きれいに拭うということ。
要らなくなったものは、年末の機会に、一掃するということ。
欠けているものなども、修復しないものなどは、清く捨てる。
思い切りが、出来る日が、旧正月前日ということですね。

この大掃除のポイントで、注目するのは、
塩雑巾や重曹などで、きれいにしていくことが更に良いですよね。
より、きれいに運を払い、良き運が入ってくるように、
お祈りをしながら、マントラを唱えながら、掃除をする。
ありがとうやお別れをモノにも伝えていくことで、
周りが綺麗になっていく。

日本人は、もったいない精神が強いから、思い切りの良さが、
少ないかもしれませんが、現状を変えるなら、
思い切りの気持ちよさも、大事となってくるかもしれませんね。

旧暦正月前日1日では、掃除するのは、難しいかもしれませんね。
旧暦正月前に少し入る前から、少しずつ掃除をしていくのも、
時間と体などにも気を配りながら、していくのもありですね。


今回は、
日本と中国の年末年始の掃除 違いと共通点
についてお話しました。

掃除に使った長いホウキも、
大晦日のディナーの後、大晦日を待ってから、
火をつけて、ダンスなんかもする習慣があるとのこと。

たくさん、大掃除で頑張ってくれた道具にも、
さよならするということですね。

掃除の終わりに、良い匂いのお香を焚くのも、
塩とマントラと一緒に気を清められるので、良いですね。

日本と中国(中華圏)の違いと共通点、
気にしてみると、運気を上げられますね。

日本も旧暦をメインで考えられるような仕組み・軸に
変わると、日本の運気も大きく良い方向に変わっていくと思います。
運を知る上では、旧暦は、是非、意識したいところですね。

いつもご覧頂き、
ありがとうございます。
 
im巫mi