春分の日

2021/03/19

春分の日

2021年3月20日は、春分の日。自然をたたえ、生命をいつくしむ。
春のお彼岸の中日でもあります。

昼と夜の時間がちょうど同じくらいの日とされています。
昼の方が少し長いのが通例とのこと。

そして、この春分の日は、毎年、前年2月1日に
国立天文台(NAOJ)が、定めた日を政府が発表している。

国立天文台…日本の天文学の中核を担う研究機関。

太陽の通り道である黄道と地球の赤道を交差する点が2つあり、
それぞれ、春分点・秋分点としてある。

地球が太陽の周りを一周するのにかかる時間は
365日ぴったりではないとのこと。

なので、ズレが生じる春分点・秋分点をちゃんとみることで、
より正確な位置を決めているとのこと。

春分の日は、春季皇霊祭の皇室のご先祖様の霊を祀る祭日であった。
1878年(明治11年)より皇族の命日を春と秋にまとめたとのこと。

生命をいつくしむ とされる春分の日は、
ご先祖様を想う、お墓参りなど、生命が育むことを喜ぶことも
よく、上野動物園では毎年、入園料無料であるとのこと…

ちょうど私も、近くの木々の芽を、想っていたところでした。
芽が出てきて、青々と育っていく感じ。
散歩など行くと、よく感じますね。

色んな命がありますが、色々と想うということも大事ですね。

春分の日とは?2021年はいつ?決め方は?秋分の日との違いなど より
今回は、春分の日 をお伝えしました。

いつもご覧いただき
ありがとうございます。


 
心・精神・人生・人間関係・運気などの
お話でのコンサル・アドバイス等で
個別のご相談を検討されている方は、

Contactや相談・登録フォーム
コメントなどからご連絡ください。

お見積りなども受付していますので、
個人相談・サイト制作等、
紹介など様々なご依頼
お見積りもお受けしています。
お気軽にご相談くださいませ。
 
im巫mi