4月7日 世界保健デー 健康格差

2021/04/07

4月7日 世界保健デー 健康格差

毎年4月7日の世界保健デーは、
世界保健機関(WHO)の設立を記念する日。

各年に健康テーマが発表される…
2021年は、健康格差 である。

コロナ禍での世界の健康は大変な状況でありました。
まだまだ世界各国では、コロナ対応に追われています。

世界中で正当な治療・手術・入院等が行われるようになるのは、
人の世界にとっては、大事なことかもしれません。

色んな影響で、まともに健康診断なども出来ない方もいます。
なんとか、日々の暮らしの安心を保っていただけたらと思います。

健康格差とはありますが、
健康は、自らの生活の仕方によるもので影響することが、
多いものがありますので、
人生、自分で見ることができる健康意識は、していきたいものですね。

ライフラインが出来ていないと病気になりやすいかもしれませんし…
考えると色んな影響があるので、こうとは言えませんが…

コロナではなく、持病などもあるかたもいっらしゃるでしょうから、
健康格差って、2020年に思い知らされたものかもしれませんね。

コロナではないけど病気で、診察してもらえなかったとかであると、
もう、それは、運がなかったのかもしれませんが…
自分でコントロールできるものと、コントロールできないものがあるとき、
選択するべき道は、幾つか持っておく必要があると言えますね。

かかりつけ医も、いくつか知っておくべきですし…

常日頃…自分の健康状態は、自分の感覚、体のあちこちの色などでも、
ある程度は、判断することが出来ます。

健康格差…健康情報を知っているか、知らないかの差にも見えますね。
ここが意外と重要なのかもしれません。

治すべき方法を知っているのと、知らないのとでは…
なので、多くの方に治すべき方法を伝えていくことをしていくと、
健康格差というのは、縮まり、なくなるかもしれませんね。

妊活などにも、助成金というのがあるそうですね。
知らなかったけど、マンガで知りました。
赤ちゃんを産みたいけど、簡単には産めない方にとっては、
凄く助かる金額にもなりますから…意外と不妊治療の金額って、
大きいみたいですからね。平均193万円って高くない!?

私は、別の視点から不妊治療のような目線でのサービスも
提供できるかと思いますので、気になる方は、コメントや
Contactなどからご連絡いただければと思います。

少し知らない健康情報について知ってみるというのは、大事なことですね。

 


今回は、4月7日 世界保健デー 健康格差 をお伝えしました。


いつも、ご覧いただき
ありがとうございます。


心・精神・人生・人間関係・運勢・相性
などのお話でのコンサル・アドバイス等で
個別のご相談をご検討されている方は、

Contactや相談・登録フォーム
コメントなどからご連絡ください。

前もってのお見積りなどの
ご相談・受付等もしていますので、
個人相談・サイト制作等、
紹介など様々なご依頼
お見積りもお受けしています。
お気軽にご相談くださいませ。


 
im巫mi