灌仏会・花まつり

2021/04/08

灌仏会・花まつり

4月8日は、釈迦牟尼仏陀の誕生祝いの仏教行事の日である。
そもそもは、インド暦から中国暦、そして日本へ伝わってきた流れで…
4月8日かは、定かではないらしいが、
毎年、4月8日に灌仏会・花まつりとして、
釈迦牟尼仏陀の誕生祝いを行っている。

灌仏会・花まつりの他に…
降誕会・仏生会・浴仏会・龍華会・花会式とも呼ばれている。

色とりどりの草花で飾った花御堂の中で、
甘茶を満たした灌仏桶の中央へ安置した誕生仏像に柄杓で甘茶をかけて祝う。
由来があり、仏陀誕生の際に、産湯のために、
九龍が天より清浄な水を注いだというのが言われ。

花まつりは、ドイツが由来とのこと…ベルリン四季館に18人ほど集まり、
仏陀仏を花で囲み、Blumen Festを開催してドイツ人300人ほど集まった。
この盛大に盛り上がったといわれる花まつりが、日本に伝わり、
今に至るとのこと…1901年4月のこと。

花御堂は、仏が歩くと花が咲き始めることから名づけられている。

 

Wikipediaさま 灌仏会 より

今回は、灌仏会・花まつり をお伝えしました。


いつも、ご覧いただき
ありがとうございます。


心・精神・人生・人間関係・運勢・相性
などのお話でのコンサル・アドバイス等で
個別のご相談をご検討されている方は、

Contactや相談・登録フォーム
コメントなどからご連絡ください。

前もってのお見積りなどの
ご相談・受付等もしていますので、
個人相談・サイト制作等、
紹介など様々なご依頼
お見積りもお受けしています。
お気軽にご相談くださいませ。


 
im巫mi