建国記念の日 2月11日 橿原神宮紀元祭

2021/02/10

建国記念の日 2月11日 橿原神宮紀元祭

2月11日は、日本国の建国記念の日である。
祝日法で定められていない、政令で定められた祝日とされる。

政令…内閣の行政機関が制定する命令である。
最も優先的な効力を有している。


元は、日本書紀から紀元前660年1月1日(旧暦)に、
初代天皇神武天皇の即位日とされる日から定められている。
辛酉年 春 庚辰月 が由来とされる。

明後日2月12日は、旧暦正月であります。
新暦ではなく、旧暦に合わせた日付だということが、
意識されていることがよく理解できます。

国民の祝日に関する法律より第二条の建国記念の日の趣旨は、
「建国をしのび、国を愛する心を養う」という規定がある。

橿原神宮(かしはらじんぐう)では、紀元祭が行われる。
一年を通じて最も重要な祭典として、毎年四千名にも及ぶ
参列者で盛大に行われる格式高い祭典である。

Wikipedia建国記念の日より 橿原神宮紀元祭より

日本のお祭りとしては、順番的には紀元祭がはじめですね。
旧暦正月は、その年で変わりますから 難しいですが…
1の数字ではじめとするのも始まり感がありますね。
少し気持ちも入れて過ごしてみるのも、
また、味わい深いかもしれませんね。

国を大事に想う心は日本人の心には宿っていますからね。

今回は、
建国記念の日 2月11日 橿原神宮紀元祭 をお伝えしました。


八咫烏 熊野 天照大御神の夢や姿 色々と言い伝えはあります。
現代の人も鳥のサインや何かしらのサインを感じることが出来ます。

私もよく鳥のサインや導きにお世話になったことがありますね。
ふとしたことでも意外と何かを教えてくれていることはあります。
良いも悪いも、現代に見えるサインは限りなく多いのですが…

日常にも使えるサインもあるので、感じるということから
はじめて見ると、いつしか色んな物事が見えてくるかもしれませんよ。

少しサインのお話も添えて…

いつもご覧いただき
ありがとうございます。

im^88^mi


心・精神・人生・人間関係などの
お話でのコンサル・アドバイス等で
何かモヤモヤしたものや、
伝えづらい・周りに話しづらいこと、
個別のご相談を検討されている方は、
Contactや相談・登録フォーム
コメントなどからご連絡ください。

お見積りなども受付していますので、
個人相談・サイト制作等、紹介など
様々なご依頼・お見積りもお受けしています。
お気軽にご相談くださいませ。
 
im巫mi