冬の土用・大つち・小つち 明け・解除

2021/02/06

冬の土用・大つち・小つち 明け・解除

ようやく、冬の土用の期間と大つちの7日間・小つちの7日間が
昨日の甲申の日、2月5日で、終えました。

土いじり、土を触れる、掘るなどの工事・伐採・屋敷内の動̪̪士
などの事柄に対して、暦の上で解除となりました。

冬の土用…1月17日~2月2日
冬の土用 間日 巳21日 午22日 酉25日 巳02日
大つち…庚子~丙子の期間 1月22日~28日
小つち…戊寅~甲申の期間 1月30日~05日
大つちと小つちの間の丁丑の日29日は、
間日として障りのない日でした。

2月6日より~穴掘りや土いじり、伐採、
建築リフォーム・DIYなども、しやすい環境となりましたね。
土用明けなんかとも言われます。

土用を犯すとかって言われたりするんですけどね…昔から…
土用を犯すと災害や事故などが起こったりすると言われているのです。

とりあえず今月は、中央に五黄土星の星が滞在で暗剣殺は、
今回なしなので普段よりかは、過ごしやすいかなと思います。

まぁ、家や会社にずっといるというよりかは、今期2月の運期では、
少し、吉方位など、別の方位で過ごすことも意識することも
良いのではないかなぁと思います。
ちょっとしたお出かけなども意識したいところであります。

以前の記事などをご覧いただければと思います…
2021年2月3日~3月4日頃までの各方位の運気
2021年2月の日々の運気の暦
冬の土用 2021年 

土は、ものを変化させる作用をもつという用(ハタラキ)という
意味合いをもっているといわれています。

土用の丑の日にうなぎを食す習慣もありますね。

血・赤色をとり、元気・パワーをつけることも良かったりします。

今年は、丑年ですので、土用の時や、そうでなくても、
うなぎ・牛肉なんかも取り入れると運気UPに繋がりますね。

次回の春の土用は、4月17日~5月4日までですね。
5月5日の立夏の前日までと春の土用は決まっています…
今回は、
冬の土用・大つち・小つち 明け・解除
をお伝えしました。

ものづくり・DIYなんかも出来る時にしておきたいですね。
工事していたところを通ることがあるときは、
御守りなども持っておくといいですね。

いつもご覧いただき
ありがとうございます。

im^88^mi

心・精神・人生・人間関係などの
お話でのコンサル・アドバイス等で
何かモヤモヤしたものや、
伝えづらい・周りに話しづらいこと、
個別のご相談を検討されている方は、
Contactや相談・登録フォーム
コメントなどからご連絡ください。
 
im巫mi